Skip to content

NPO法人世田谷区聴覚障害者協会 Posts

『咲む(えむ)』世田谷上映会のお知らせ

内容/看護師試験に合格したろうの女性の瑞月(みづき)が就職活動で苦戦しながら、村も大きく変わっていく・・・ 

(詳しくは咲むのホームページをご覧下さい https://emu-movie.jp/

日 時/3月20日(土・春分の日)
①10:30・②13:30(2回上映、各回定員200名)
会 場/烏山区民会館ホール(京王線千歳烏山駅)
鑑賞券/1,200円 (小中学生500円)


①、②ともにセレモニーがあります。

申込方法/下記(1)〜(4)のいずれか

     の方法でお買い求めください。

    ※定員に達しだい受付を締め切ります。

(1)オンライン購入

  コロナ禍対応のため、チケット購入にあたっては、

  クレジットカード(VISA、Mastercard)での決済を

  お願いしています。

   https://www.se.deaf.tokyo/shop/

(2)協会事務所での購入(2月は毎週土曜日14時〜16時のみ)

   協会事務所での販売は現金、電子マネーにも対応します。

(3)役員対面での販売

  クレジットカードの他に現金での取り扱い可能です。

  オンラインチケットを送ります。

(4)FAXでの申込受付

  03−3706−4629

  ・氏名

  ・10:30〜または13:30〜

  ・枚数 大人 枚、小中学生 枚

  ・住所

  ・連絡方法(メールアドレスかFAX番号)

   を書いて送ってください。折り返し購入方法をご連絡いたします。

Comments closed

新年のあいさつ

 

 

特定非営利活動法人世田谷区聴覚障害者協会
会長 唯藤節子

 会員の皆さま、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年(令和2年)は2月頃の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、世田谷区手話講習会、そして総会や例会等の世聴協行事・企画が中止に追い込まれました。世田谷区内の手話サークルも同様でした。
さらに3月の耳の日記念行事、6月全国ろうあ者大会(愛知)などの全国そして都道府県でもいろいろなイベントが中止、あるいは延期という、未曽有の事態となりました。
5月に開催予定だった本協会の定期総会は、3密対策を講じて、8月に開催することができました。理事会等の活動も7月以降に活動を再開し、新型コロナ感染対策をいくつか立てました。
① 例会開催の回数を減らす。
② 事務所開所日を減らし、開所時間を短縮する。
③ 会員には透明マスクの無料配布を行う。
④ 土の会「クリスマス交流会」を中止する。
などでした。
例会や行事の減少などにより、何とか会員のために何ができるか検討し、高齢会員に慶祝品を全員に郵送配布し、11月例会は青梅散策バスツアー企画を実施しました。
幸いにも会員の皆さまの暖かいご理解・ご協力により会員数減少を何とか食い止める事ができましたことに役員一同感謝しております。
令和2年度の手話講習会は中止となりましたが、中級以上各クラスで技術維持のため「フォローアップ講座」を世田谷区のご理解により開催する事ができました。手話サークル活動も規模は縮小していますが、再開されています。

世田谷区においては、手話サークル「輪の会」、手話サークルたんぽぽ、世田谷区登録手話通訳者連絡会、要約筆記サークル「言の葉」、そして本協会で構成されてきた「土の会」があります。長い間、本協会と聞こえない人と共に活動を進めてきた要約筆記サークル「言の葉」様がご事情により、令和2年3月をもって解散いたしました。「言の葉」様のご解散はとても残念ですが、培ってきた運動の芽はこれからも本協会と共に歩んでいける事でしょう。深く感謝を申し上げます。
土の会はこれから四団体となりますが、「きこえない人とともに行動する」関係をよりよく発展させ、ともに運動を展開してまいります。

本協会の念願である世田谷区の手話言語条例の令和2年での制定は、かないませんでしたが、新型コロナウィルス感染の影響もあってか、「区長記者会見」や世田谷区ホームページ内の「区長の部屋」に手話通訳が付くようになったことは、条例制定実現の一歩だと考えています。

本協会は倉方名誉会長が指し示されている「役員は当事者として聴覚障害者に奉仕すること」という方針に基づいて、これからも世田谷区聴覚障害者協会はきこえない人、きこえにくい人、きこえる人がともに安心して生活できる社会に向けて、役員一同、聴覚障害者当事者の立場で活動を展開してまいりますので、どうぞ皆様方からのご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
新型コロナ禍に振り回された令和2年ですが、新年(令和3年)は皆さまがご希望の持てる年になりますことを願いまして新年のあいさつとさせていただきます。

令和3年 元旦

Comments closed

9月例会 長寿のつどい中止と10月以降の予定について

聴協9月例会として9月6日(日)に『長寿のつどい』を行う予定で準備を進めてきましたが、新型コロナウイルスが相変わらず猛威をふるっているため、会員の皆様の安全を考えてやむを得ず中止とすることになりました。申し訳ございません。

その代わり、65歳以上の会員に対しては世聴協よりお祝いを贈ることになりました。

発送は9月半ばになる予定です。ご期待ください。

Comments closed

定期総会(8月23日・日)成立、無事に終了!

世聴協の2020年度定期総会は本来、5月10日(日)に行われる予定でしたが、コロナ禍で区内各施設が使用停止になったため、中止となっていました。

7月より区内各施設が少しずつ再開したため、世聴協では感染防止対策を十分に整えるなどして、ついに8月23日(日)、定期総会を開催しました。会場はこの春にオープンしたばかりの新施設・『世田谷区立保健医療福祉総合プラザ』。

心配されていた猛暑も、この日は雨が降るなどして比較的涼しい日となりました。受付では検温計や消毒アルコール液なども用意され、来場者は全員チェックを受けました。2020年度に入ってからでは初めての公式行事とあって、会場のあちこちでは「やぁ、久しぶり」と再会を喜ぶ様子がみられました。

さて総会は午後1時20分に本多理事の司会で開始、鴻野監事より「定足数40名のところ、出席25名・委任35名で計60名で成立します」と成立宣言がありました。

議長には浦城直子さんが選ばれて、いよいよ本格的に始まりました。

唯藤会長の全体報告、兵藤事務局長からの業務報告…と進み、質疑応答も経たうえで2019年度報告は終了しました。
続いて、役員補充選挙に入り、理事には富樫美代子さん、監事には庄司衣子さんが立候補・投票が行われました。
開票を待つ間、2020年度事業案・予算案の報告がありました。その後、開票結果が発表、理事に富樫さん・監事に庄司さんが共に当選となりました。

それから採決が行われ、全ての議案が可決されました。

最後に諸報告などがあって、無事に総会は終了しました。なお、最終的な総会参加者は読取通訳・要約筆記通訳も含めて全体で52名でした。

総会に参加されなかった方には、写真の透明マスクも一緒に発送します(写真ではマスク部分に色がついていますが、これはキズ防止のための保護フィルムで実際に使用するときはこのフィルムを剥がせば無色透明になります)。

Comments closed

引き続き新型コロナウイルス感染に留意した新しい様式の生活を!(7月)


 

 

 

 

 

 

 

定期総会・長寿のつどい開催会場

うめとぴあ世田谷区立保健医療福祉総合プラザ

 

 

【世田谷区から】

世田谷区の各施設(区民会館・区民センター・区民集会所など)は使用再開しました。

しかし部屋の定員を少なくし、マスク着用・利用者名簿の作成提出などが必要になる等の制約がありますので、ご注意ください。

 


Comments closed

最近の投稿

アーカイブ