世田谷区手話講習会開講40周年記念行事行われる

世田谷区手話講習会は昭和51年に開講、このたび40周年を迎え、平成29年2月19日(日)に世田谷区手話講習会開講40周年記念行事を多くの参加者のもと、世田谷区民会館で執り行いました。
式典では、お忙しい中保坂展人区長、上島よしもり区議会議長よりご挨拶を頂き、感謝状贈呈、報告等を行いました。
続いて、黒崎信幸氏(社会福祉法人全国手話研修センター理事長)による記念講演やアトラクションを行いました。

世田谷区手話講習会開講40周年記念行事のご案内

世田谷区手話講習会は昭和51年に開講、このたび40周年を迎えました。
次の通り、記念行事を行いますので、修了生・一般区民のの方々も気軽におこしください。
日時:平成29年2月19日(日)午後1時~4時
会場:世田谷区民会館
内容:式典・記念講演(講師:黒崎信幸氏(社会福祉法人全国手話研修センター理事長))・アトラクション

2月例会:「段また段を成して」世田谷上映会を開催

2017年2月12日(日)に「段また段を成して」世田谷上映会を三茶しゃれなあどで参加者160名のもと開催しました。
上映会のあと、唯藤節子会長がコーディネーターとなってトークショーも行いました。

まず、山本康彦氏より、全日本ろうあ連盟結成大会に向けて、藤本敏文氏、大家善一郎氏が大崎英夫氏と資金調達に駆け回っていた、長い間ろう者は忍耐の生活を送っていた等の逸話を聞きました。

続いて、水野ミサ氏より、下馬の職場は、旧兵舎を改造したところだった等、昔のろうあ者の暮らしについて話しがありました。

最後に長年ろうあ運動に携わってきた倉方厚子氏より、全日本ろうあ連盟事務所も入っていたベル会館と藤本敏文先生の思い出と東聴連活動について語られたあと、3人でトークを行いました。

元会長の山岸信治氏の飛び込みもあり、手話はいのちであり、何よりも大切におしなければならないこと、未来に向かって一層力を合わせて行くことを確認して終わりました。

「段また段を成して」世田谷上映会

「段また段を成して」世田谷上映会を下記の内容で行います。

・2017年2月12日(日)13:00〜16:00 12:30受付開始
・三茶しゃれなあどホール(三軒茶屋駅徒歩1分)
・参加費1,000円(高校生以上)


・トークショーも行います。
       コーディネーター 唯藤節子

 1.全日本ろうあ連盟結成大会に参加して
               山本康彦氏
 2.昔のろう者の暮らし
               水野ミサ氏
 3.ろうあ運動に携わって
  ・藤本敏文先生の思い出
  ・ベル会館と東聴連活動
               倉方厚子氏

チケットを区内サークル、協会事務所で販売中。
役員までお問い合わせ下さい。
会場満場のときは、当日参加を断る場合もあります。